単身 引越し 価格 相場

引越し価格の相場を簡単に知る方法をご存知ですか

引越し 単身

引越し 単身

引越し 単身

引越し 単身

引越し 単身

 

引っ越し価格の相場をお探しですか?

 

まず部屋の中を見渡して、新居に持って行きたい家具や家電、荷物を確認してください。
多いですか?少ないですか?

引っ越し 価格 相場 

引っ越し価格は、あなたの荷物の量と物件までの距離、階数、エレベーターの有無で変わります。
引っ越し価格の相場ですが、一人暮らしで4〜8万円、2人で5〜10万円、ファミリーで7〜10万円です。引っ越し先までの距離が遠ければ、もっとかかることもあります。

 

出来るだけ安く引っ越しするにはどうすればいいのでしょう?

 

それは、引っ越し業者に競争してもらうことです。
引っ越し業者に競争してもらうには、まとめて一括見積もりを取る方法が有効です。

 

1回の手間で複数の引っ越し業者に見積もってもらえば、1番安い価格も相場も簡単にわかります。

 

引っ越し業者が忙しい時期は希望の日に引っ越しが出来ないこともあります。
安く引っ越ししたいなら、早めに行動しましょう!

 

 

引越し 単身

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越し業者の繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があります。
引越し業者の繁忙期は3月前後のことを言い、この時期の引越し業者は日本全国どこも大忙しです。

 

なぜなら受験を終えた新大学生や就職活動をパスした新社会人が4月の新学期から新しい環境に飛び出すからです。
しかも、これだけではありません。

 

日本の企業には全国的に展開している会社が多く、春の大規模な人事異動で4月の新学期から新しい部署に配属されるサラリーマンも多いです。
そのサラリーマンの家族や単身赴任のサラリーマンの引越しも3月に重なるのです。

 

ここに通常の引越しも加わりますから、3月前後はどこの引越し業者も大忙しになります。

 

新居がきまったらすぐに引越し業者に見積もりを取って比較をし、一番条件の良い引越し業者を抑えておきましょう。
のんびりしていると条件の良い引っ越し業者は予約で埋まり、見積もり依頼すらできないということもありますのでお気を付け下さい。

 

 

引越し費用のオプション

 

引越し オプション

 

引越し料金は、人件費と交通費とオプション費の合計になります。
スタッフにかかる費用が人件費で、トラックやガソリン代が交通費というのは分かるとして、ではオプション費って一体何でしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションのサービスとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

このようにオプションサービスとは、必要な人だけが選んでカスタマイズできるものです。

 

エアコンは高価な家電ですからまだ使えるのであれば新居にも持って行きたいですね。
しかし、エアコンはコンセントを抜けば運ぶことができるような簡単な家電ではありませんから、電器屋に移設の依頼をしなければならないのです。
エアコンの移設をオプションで依頼しておけば、引越し業者が代わりに手配してくれます。

 

ピアノは重くて大きくて高価な楽器ですから、破損を恐れて取り扱わない引越し業者もあります。
オプションでピアノの運搬を依頼してから一括見積もりをしておけば、扱いのある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

最近は盗聴器が部屋に仕掛けられていることがあります。
新居にて盗聴器がないか調べてくれる引越し業者もあり、時代のニーズに沿って新しいサービスが増えてきます。

 

 

引越しと粗大ゴミ

 

引越し 粗大ゴミの処分

 

引越しはいらないものを処分するチャンスです。
特に粗大ゴミは新居に運ぶにも費用がかかりますから、できるだ引越しの前に処分しましょう。

 

一辺の大きさが50cm以上のものや、重さが50kgを超えるものは、粗大ゴミです。
これ以外にガスコンロ・石油ストーブ・石油ファンヒーター・電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミ扱いです。

 

粗大ゴミの処分方法には、次の2つの方法があります。
回収に来てもらう方法(有料)と自分で捨てに行く方法(無料)です。

 

【A:回収に来てもらう方法(有料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、回収に来てもらえる日を予約する。
 ※商品の種類や大きさ・個数、氏名・住所・電話番号を聞かれます。
 ※シールの枚数と金額、収集日と粗大ゴミを出す場所を教えてくれます。

 

2・スーパーやコンビニで販売している「粗大ゴミシール」を買って、粗大ゴミに貼る。
 ※一度購入した粗大ゴミシールは払い戻しや再発行ができません。
 ※粗大ゴミシールは、一点ごとに必要枚数を目立つところに貼ってください。

 

3・あとは指定された収集日の朝8時までに、申込時に確認した場所に出す。

 

B:自分で捨てに行く方法(無料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、持ち込みをする日を予約する。
 ※当日の予約は受け付けておりません。
 ※予約可能期間は一週間先までのところもあります。
 ※持ち込み希望日、時間、処分予定の商品名、数、持ち込む車両番号を伝えると、予約番号をが貰えます。

 

2・あとはリサイクルセンターに直接持ち込みます。
※予約番号と氏名を受付に言います。
※粗大ゴミシールは必要ありません。

 

これは多くの自治体で行われている方法ですが、自治体によって多少差がありますのでお問い合わせの際にくわしく聞いてください。

 

それと粗大ゴミの中に例外の家電がいくつかあります。

 

家電リサイクル法で定められた家電を処分したいときは、家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です

 

家電リサイクル法で定められた家電というのは、エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機のことです。